「アメリカの組織行動学者デービッド・コルブ氏は「人は実際の経験を通し、それを省察することでより深く学べる」と提唱しています。「経験」→「省察」→「概念化」→「実践」というプロセスを生み出すためにも経験をアウトプットすることで成長が加速されます。」

 今月ご紹介するクレドはこちらになります。Spaceではアウトプットをとにかく大事にしてもらっています。もちろん、読むだけ、見るだけでも十分に成長するためのキッカケになります。もっと成長したい、もっと成長を加速させたいと思ったらアウトプットが必要になります。

 そもそもアウトプットとは何か?言葉の意味は「出力」になります。インプット(入力)に対して何らかの処理を加えて、出力されたことをアウトプットと言います。

 例えば、私たちは何か食べると排泄物が出ますし、気温の変化で身体から汗が出たりします。さらには、言葉もそうです。何か言われて感情的になったりするときも。選手の試合を見て感動したりするのもアウトプットです。

入力→出力
刺激→反応

 こう捉えてもOKです。となると、知識も同じです。インプットとしたら必ずアウトプットが必要です。むしろ、アウトプットが無いと身体に不調が出ます。そのアウトプットは個人的な気付きかもしれません。しかし、私はそれを真のアウトプットだと思わないのです。

 このことに気付いたのは私自身がメンタルコーチとして起業した当初でした。サポートしている選手の結果が、ある事に比例していると感じました。


 それが、ノートです。結果を上手く生み出している選手はノートを取るのが非常に熱心でした。それだけでなく、伝えたこと、感じたことに対して意見をどんどん話してくれる選手ほど結果が出ていたのです。

 私にとって特に印象深い選手はサッカーをやっていた高校生でした。彼はとても真面目な性格で仲間からも慕われていました。ポジションはFW、最上級生になるとキャプテンを務めるようになりました。しかし、そんな彼に悲劇が待っていました。


 それが、腰の怪我でした。医者からは非常な決断をされます。手術するか、痛みに耐えながらプレーするか、それか引退するか?その話を彼は涙ながら私に話してくれました。

 しかし、私も同様な怪我を高校時代に患っていたので諦めることなく手術無しで復帰の方法を模索しました。そして様々なご縁を通じて彼は手術無しで競技復帰を果たします。そして、大事な試合で見事ゴール。さすがに出来過ぎの展開と感じましたが、これがリアルな話です。

 このことから私はアウトプットの重要性に気付きました。彼自身、非常に真面目で、ノートを取るような選手であっただけでなく、彼は自分が学んだことを積極的にチームメイトに還元していたそうです。


 自分が怪我をしても、新しい知識が増えていきます。自分がその知識を使えなくても、知識を必要としてくれている人に与えることを惜しまなかったのです。その結果、彼は以前よりもチームメイトから信頼を得ました。そして、彼をピッチでプレーさせたいという仲間の気持ちがさらに芽生えたのです。


 もう何年も前の話ですが、いまだにその感動は忘れられません。競技を続けていく上で、結果を出すことは何よりも大事だと思います。しかし、仲間を想う気持ちがなければ彼はずっと孤立していたでしょう。孤立していれば、サッカーを辞めていたかもしれません。

 すべて、タラレバの話です。タラレバの話ですが、この事から私たちは沢山の事を学べると思っています。Spaceで置き換えて考えてみたいのです。

 行動せずにただ見ているだけでも満足いくコンテンツを発信していると自負していますが、それが本当に見ているだけの方にとっての成長に繋がるのか?と言われたらNOです。心理的にはずっと孤立感があると思います。忙しいという理由でおそらく辞めて行くと思います。

 しかし、これは本音で伝えますが、忙しい理由で辞めて欲しく無いです。何かしら想いがあって参加されたspaceだと思います。積極的に使って欲しい!とまでは言いませんが、せめて、みなさんの夢だけでもいいので聞きたいのです。

 私はspaceを通じて皆さんの夢や目標を叶えていきたいのです。そのためにも、アウトプットが大事になるのです。オンラインスクールでは一方通行になりがちな仕組みなため、私は一方的な知識を伝えたく無いのです。


 そのために会話ができるオンラインコミュニティを作りました。会話を通じて今の皆さんにとって本当に学びたい事を聞き取りながら知識を伝えたいのです。だから、皆さんのアウトプット無しでは私は何も伝える事ができません。


何事も想いが先です。もちろん、いきなり夢を書くのが恥ずかしいと感じる人もいるかもしれません。そういった心理的に安全な場であるために私たちは様々な工夫をしています。少人数で参加できるイベントなども準備しています。是非、本気のインプットをえるためにもまずは小さなアウトプット、小さな勇気を振り絞ってください。私たちは皆さんの期待に応えられる自信と準備をしております。お会いできる事を楽しみにしております。^^


===========
学長からのワンポイントアドバイス

【spaceの使い方をもっと知りたい!】



【忙しいを解消!Todoist】



今日も最後までお読み頂きましてありがとうございました!


一般社団法人日本スポーツメンタルコーチ協会
スポーツメンタルコーチ
鈴木颯人