昨日、ずっとお世話のなっていたカフェが閉店する事になり急遽ご挨拶にいきました。

知らなかったけど、このカフェが開店した日がspaceの開校と1ヶ月違いだったんです。

急に親近感が最後に湧いてしまいツラツラと綴っております。

このカフェとの出会いは妻から教えてもらいました。「池上に新しいカフェが出来たら一緒に行く?」あの古びたパン屋が建物ごと生まれ変わり、カフェになったのです。

当時のツナパンも残りつつ、生まれ変わったパン屋さん。運営してる方々もまったく変わりました。(前のパン屋さんは一度も行った事ないけど…笑)

まさに新しい風が吹いたとはこの事を言うんでしょうね。気に入って、書籍の原稿をこちらで書くことも。ここで3冊書いたと思います。それだけインスピレーションが貰える場所でした。

お洒落な内装、緑にあふれた店内、無垢の木材を使ったカウンターやテーブル。そして、こだわりのコーヒー。絵や美術品、アートも飾っていたりとスタバですら生み出せないサードプレイスになっていました。

建築家、美術関係、音楽関係など、店員さんも変わった経歴の方が多く、いつも刺激を貰ってました。ありがとうございました。

BF8378C0-C242-46A4-8D11-318225587CF8.jpeg 5.16 MB

私が運営しているスポーツメンタルを学ぶ学校:Spaceではオンライン上で交流をはかります。

こちらのカフェ、sandのコンセプトとかAmazonカフェを通じて様々な人たちが交流してほしい」と店員さんや東急の関係者の方が話されていました。

spaceはオンラインだから皆んながどんな形で交流してるか目に見えません。

しかし、時折皆んなから聞く話にニンマリする事があります。それは、このsandカフェが閉店する日、たくさんの人たちが集まって会話をする雰囲気に重なってイメージ出来ました。

現実世界で繋がりがなくても、オンラインで繋がれることで新しい出会いや奇跡が生まれるんだと思います。

僕もこのカフェの店員さんから去年、仕事を頂いたり、新しい出会いから学びを得るキッカケになりました。

多様性という言葉が叫ばれてきたけど、多様性を感じる場所ってあります?専門性を突き詰めることも大事だけど、多様性を生み出す場所に踏み出す事、作り出すことに意味があると思う。

そんな場所を私を始めメンバーの皆さんと一緒にオンラインではありますが提供している事をより実感しました。

sandの閉店はとても残念ですが、また生まれ変わって新しい場が生まれる事を楽しみにしております。3年間ありがとう!