今月もスポーツメンタルプログラム! 

略して【SMP】よろしくお願いします。  

1ヶ月間、 

お題を決めてメンタル面を 

整えていくことを目的にします。  






メンタル面を学びたい人なら、 

実践が1番早いです。  






もちろん、 

知識も伝えますが 

それはあくまでも知識。  






会得するためには、 

実践して行動し腑に落ちるまで 

意見交換し続けることが大事です。  






それくらいメンタルは奥深いです。 

知識を学びたいなら本で学べますが、 

オンラインコミュニティの良さは 

課題を通じた意見交換にあります。  






ぜひ、 

積極的にワークに取り組んでください!  

この【SMP】では、4部構成となります。  






1 weekでは「ディスカッション」 

2 weekでは「知識の共有」 

3 weekでは「心の在り方」 
4 weekでは「実践の報告&未来に向けて」  

になります。  






============================  

今月のテーマは「不安や恐怖心を味方につける」
についてお伝えします。

3月になり、
冬練の成果を試す時です。

その時に生まれやすいのが、
恐怖心から来る不安です。

新しいことをチャレンジしたり、
挑戦したいときに躊躇ってしまう自分を
克服するために出来ることを今月は綴っていきます。

一般的に、
恐怖心を感じる人はメンタルが弱いと言われます。

しかし、
仮に恐怖心があったり、
メンタルが弱いからと言って、
試合で結果が残せないのでしょうか?

どちらかといえば、
恐怖心がありながらも結果を
残している選手がいるのだと私は思っています。






Fear is like fire;
if controlled it will help you;
if uncontrolled,
it will rise up and destroy you.  


by John F. Milburn  

恐怖は火のようだ。
もし上手く使えば それは役に立つ。
しかしもしコントロール できないと、
燃え上がりあなたを 焼き尽くすだろう。


有名な弁護士であった
ジョン ミルバーンの言葉です。

恐怖心があって当たり前なのです。
大事なのは恐怖心とどう向き合うか?

恐怖心を克服するのではなく、
どう恐怖心を味方につけるべきなのか?

そのことについて
学びを深めて欲しいと思います。

そこである一文をご紹介させてください。